忍者ブログ
「hahako~ははこ~」
「hahako~ははこ~」東日本大震災関連情報ブログ・・・ ご利用の際は、必ず【hahako公式サイト】をご覧ください。http://hahako-net.jimdo.com/


2018/10/18
「[PR]」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/07/05
「【夏休み/愛知】ふくふくっこ@知多半島2018保養」

タイトル: ふくふくっこ@知多半島2018保養

名前: あいざわひなこ

メールアドレス: hiiiinaaaakoooo@gmail.com

電話番号: 09035655490

電話番号公開: 公開してもよい

住所(県/公開): 愛知県

住所(市町村まで/公開): 知多郡武豊町


受け入れ形態: 保養プログラム

内容詳細: 2018年年7月27日(金)から8月1日(水)までの5泊6日間、愛知県知多郡でホームステイを中心にした保養プログラムを行います。小学生をメインの対象で考えていますが、親子や幼児、中高生、障害のある子ども、外国籍の子どもなどの受け入れも前向きに考えていきたいと思っています。どんな方も、ぜひ一度ご相談ください。参加費は、行き帰りの交通費とお小遣いのみ実費で、宿泊費や食費はこちらでまかなえるよう準備をしています。

拍手[0回]

PR

【特集】保養企画・キャンプ・合宿
2018/07/05
「【夏休み/奈良】保養の旅えんむすび夏の保養キャンプ@奈良」

タイトル: 保養の旅えんむすび夏の保養キャンプ@奈良

名前: 保養の旅えんむすび

メールアドレス: hoyounotabi.enmusubi@gmail.com

電話番号: 090-3130-1759

電話番号公開: 公開してもよい

住所(県/公開): 奈良県

住所(市町村まで/公開): 奈良市


受け入れ形態: 保養プログラム

内容詳細: 2018年7月23日(月)から7月27日(金)
奈良市青少年野外活動センター〒630-1241 奈良県奈良市阪原町25-1
現地集合、現地解散となります。
7月23日 16時30分 集合
7月27日 13時 解散(※バスは13時52分発)
参加費
大人 8000円
こども 4000円
2歳以下 無料

備考: 参加費を入金していただいた時点で申し込み完了となります。先着順となりますのでご了承ください。どうぞよろしくお願いいたします。
加入者名:保養の旅えんむすび
ゆうちょ銀行 店名 四五八 店番 458
記号14590  番号 24240841

メッセージ: 「保養の旅えんむすび」は関東より北の地域に住むひとたちの保養を受け入れるために2016年に発足したボランティア団体です。保養の旅えんむすびでは奈良市内の観光やものづくりなどを通して4泊5日の保養キャンプを計画しています。食事は地元産の無農薬野菜やお米を中心に安心安全な食材を使い穀物菜食料理を提供しています。食養の講座やからだのほぐし方講座なども行います。近くに川があるのでこどもたちは川遊びなど屋外で遊ぶことができます。

拍手[0回]


【特集】保養企画・キャンプ・合宿
2018/06/10
「【夏休み/保養】どろんこキャラバン☆たんばサマーキャンプ2018」

タイトル: どろんこキャラバン☆たんばサマーキャンプ2018

名前: どろんこキャラバン☆たんば

メールアドレス: dorocara.tanba@gmail.com

電話番号: 09053621883

電話番号公開: 公開してもよい

住所(県/公開): 兵庫県

住所(市町村まで/公開): 丹波市



受け入れ形態: 保養プログラム

内容詳細: 主催である「どろキャラ・ファミリー☆ふくしま」は
福島県内の親同士が原発事故どの影響下での子育てについて悩みを語り合うセルフケア活動を自主運営しています。
その活動の一環で、サマーキャンプに参加します。
当会の趣旨をご理解の上ぜひご入会いただき、
サマーキャンプへご参加ください。
なお、当会総会、キャンプ説明会及び懇親会を
6月24日に開催いたします。

【募集対象】
福島の小学3年生~6年生の児童  定員22名
☆原則、全日程通しで参加可能な方
※保護者、兄弟姉妹の参加については相談に応じます。
※福島県以外の方でも放射線量の高い地域は考慮しますのでご相談ください。

【実施期間】2018年7月31日(火)~ 8月7日(火)
★行き(福島郡山発)7月31日(火)朝→(丹波着)7月31日(火)夜
★円応教          宿泊  7月31日(火)~8月2日(木)  2泊
★丹波少年自然の家宿泊  8月2日(木)  ~  8月6日(月) 4泊
★帰り(丹波発)8月6日(月)夜行→(福島郡山着)8月7日(火)早朝
※交通手段は往復とも貸切バスを使います。バスには当スタッフが添乗します。
※集合と解散の場所はJR郡山駅を予定しています。集合場所までは保護者で送迎をお願いします。

【宿泊場所】
丹波少年自然の家(http://www.hk.sun-ip.or.jp/yamabiko/) 
    〒669-3803    兵庫県丹波市青垣町西芦田イゲ  32-2
円    応    教
    〒669-3142  兵庫県丹波市山南町村森1の1
☆円応教は宗教施設ではありますが、一般に施設は公開されており、宗教的な強要は一切ありません。
☆食事は丹波の食材使用100%を目指します。丹波市民の協力を得て調理したり、子どもたちが野外炊事を

【応募期間】  2018年6月17日まで

【参加費用】  一人  15,000円    *ワークショップなどの材料費実費必要
      どろキャラ・ファミリー☆ふくしまの入会金として、別途500円をご負担ください。
【お申し込み方法】
申込先 『どろんこキャラバン☆たんば』
Email:dorocara.tanba@gmail.com
1.参加希望児童の氏名(ふりがな)・性別・年齢・学校名・学年
2.保護者の住所・氏名・連絡先
(携帯電話番号と携帯メルアド/PCメルアド)
※お申し込みの際、上記1.2.をお知らせください。
 また、gmailを受信できるようにメール設定をお願いします。

以上、ご不明な点などありましたら
どろキャラ・ファミリー☆ふくしま 事務局吉田までご連絡ください。
dorocara.f.fukushima.com
09053621883

拍手[1回]


【特集】保養企画・キャンプ・合宿
2018/06/04
「【山形/保養】福島原発事故に遭った親子の保養支援」

タイトル: 福島原発事故に遭った親子の保養支援

名前: フクシマの子どもの未来を守る家

メールアドレス: yuko_kaiosei1956@yahoo.co.jp

電話番号: 080-6023-7490

電話番号公開: 公開してもよい

住所(県/公開): 山形県

住所(市町村まで/公開): 鶴岡市



受け入れ形態: 保養プログラム

内容詳細: ・善意で貸し出していただいた鶴岡市内、酒田市内の民家に、保養の為に家族単位で滞在していただけます。
・「空き状況」をメールか、又はお電話で問い合わせてください。
・先着順に受付けます。予約後、申込用紙、パンフレット等ご自宅に郵送いたします。郵送かFAXで返信をお願いします。
・宿泊料金:大人1人1泊1,500円  小中高生1人1泊700円
      未就学児:無料
・保養先の民家には、生活に必要な備品等は準備しています。

備考: ※必ず保護者同伴でお越しください。(子どもさんのみはお引き受けできませんのでご注意ください)

メッセージ: ~いつでも保養に行ける「家」が鶴岡にあります~
 原発事故から7年が経ち、事故についての報道も少なくなりました…が、福島県を中心とする原発事故の影響を受けた地域に暮らす親子は、子育てに不安を抱きながら生活しておられることと案じております。
「保養することにより、被ばくをリセットできる」とチェルノブイリ原発事故の教訓から学びました。
 「フクシマの子どもの未来を守る家」は、鶴岡市内に善意でお貸しいただいた民家を利用し、フクシマのご家族が希望する時に合わせていつでも保養の為に滞在していただけるよう、通年「家」を維持管理しています。
 「家」には、到着後すぐに”我が家”と同じような生活ができるように電化製品、寝具、その他生活に必要な備品が準備してあります。米、調味料も備えています。
 ここ山形県庄内地方は、海あり、山あり、美味しい食材あり!の「保養」には最適の地域です。
 夏休みや連休、週末などのご利用をご検討いただけますと幸いです。

拍手[2回]


【特集】保養企画・キャンプ・合宿
2018/05/31
「夏休み保養:せとうち市へおいでんせぇ ~瀬戸内海の離島で過ごす夏休み~」

タイトル: 夏休み保養:せとうち市へおいでんせぇ ~瀬戸内海の離島で過ごす夏休み~

名前: せとうち交流プロジェクト・蝦名

メールアドレス: uma927ebina@yahoo.co.jp

電話番号: 09049644147

電話番号公開: 公開してもよい

住所(県/公開): 岡山県

住所(市町村まで/公開): 瀬戸内市牛窓町鹿忍

受け入れ形態: 保養プログラム

内容詳細: 主催者名    せとうち交流プロジェクト
担当者名    蝦名宇摩
メールアドレス    uma927ebina@yahoo.co.jp
電話番号    09049644147
保養名    せとうち市へおいでんせぇ ~瀬戸内海の離島で過ごす夏休み~
保養詳細    ★保養期間 :    平成30年7月22日(日)~7月31日(火) 9泊10日
※7月22日 14時30分までにJR赤穂線邑久駅へ

★滞在場所 :    岡山県瀬戸内市牛窓の離島・前島にある施設
『啓明学院・前島キャンプ」にて
(瀬戸内市牛窓町牛窓5888-5)

★募集対象 :    福島及び放射線量の高い地域にお住まいの子どもとその家族で全日程参加可能な方。

★費用 :宿泊費・食費・プログラム内の行事参加費・・・無料
往復旅費に関しては、一家族当たり1万円を補助します。
※運営資金不足のため、昨年度より交通費補助を減額しています。どうしても旅費が負担となり参加が難しい方は、事務局にご相談ください。

★宿泊施設:エアコン付きの和室または洋間。家族構成によって個室、または相部屋になる場合もございますのでご了承ください。なるべくご希望に添えるようにしたいと思っております。

★募集人数 :30名(応募者多数の場合は、部屋割りやお子様の年齢等により選考いたします)

★お申込み方法:
メール、電話、郵送で承ります。
①参加申込者全員の名前 ②年齢(学年も)③住所 ④電話番号

★募集申し込み期間 6月10日(日)~17日(日)

※先着順ではありません。
※6月20日(水)までに応募者全員に結果をお知らせします。

※参加決定者には後日詳しいご案内をお送りします。

★保養内容
今年で7回目の保養企画。日本のエーゲ海、瀬戸内海・牛窓の小さな島に滞在し海遊びなど自然体験をしながら過ごします。

海水浴やクルージングなどの海遊び以外にも様々なプログラムを用意しております。
天然酵母の棒パン作りは毎年の人気企画ですが、今年は地元有名店の手打ちうどん教室やお菓子作りも。

お母さん向けには快医学、整体、アロママッサージ、指圧などの癒しのプログラムや、じっくり参加者同士で語り合える人気企画の円坐も行います。

子どもに一番人気はやはり『おもちゃ王国』での一日。フリーパスで乗り放題遊び放題!!地元岡山ならではの『備前焼教室』は親子で楽しめます。講演会には『守田敏也』さんが来てくださいます。

もちろん全てのプログラムが自由参加です。体力にあわせご無理なく参加してください。
瀬戸内海に沈む夕日を眺めながらゆったりと過ごすのもオススメです。

ボランティアの救護班(元看護婦さん)の皆さんや、地元食事部の方々が毎日交代で島へ来てくださいます。朝食は基本的には参加者の皆さんと泊まりスタッフが一緒に作ります。

※学生ボランティアの皆さんが子どもたちと遊んでくださいますよ~。
ぜひ瀬戸内海の海で楽しい夏の思い出を作りましょう!!

拍手[0回]


【特集】保養企画・キャンプ・合宿
2018/05/10
「保養「親子、グループで、大阪にスティできます!」(すぐ宿泊できるお家をお貸しします。)2018年6月1日 ~ 2018年10月10日の間」

タイトル: 保養「親子、グループで、大阪にスティできます!」(すぐ宿泊できるお家をお貸しします。)     2018年6月1日 ~ 2018年10月10日の間

名前: 橋本

メールアドレス: dpjvr410@kawachi.zaq.ne.jp

電話番号: 090-2354-8829

電話番号公開: 公開してもよい

住所(県/公開): 大阪府

住所(市町村まで/公開): 大阪市

受け入れ形態: 保養プログラム

内容詳細: 保養「親子、グループで、大阪にスティできます!」(すぐ宿泊できるお家をお貸しします。)    
2018年6月1日 ~ 2018年10月10日の間
1泊~10泊まで(ただし、夏休み中の7月20日~8月15日の間はなるべく5泊以内でお願いします。)  大阪市東住吉区にある民家で、1階のみ改装してあり、使用できます(5畳と8畳ぐらいの部屋が続いてあります。)風呂場もトイレも新しくきれいです。大人と子ども 合わせて4(5)人まで泊まれます。親子でも、若者やママさんのグループでもOK。 
基本的にお家をお貸しするだけです。宿泊は利用者だけです。宿泊料が無料です。 自炊をお願いします。(外食もできます。近くにスーパー、コンビニあり。ご自身で食材購入をお願いします。)冷蔵庫、炊飯器、トースター、洗濯機、テレビ、エアコン2台、床暖房等、電化製品完備。ふとん寝具・シーツ(ベッドはなく、布団はフローリング上に敷きます。)タオルバスタオル類、ペーパーや石鹸洗剤等完備。鍋釜調理器具・食器類、基本調味料完備。掃除機、レイコップ、アイロンも置いています。 洗濯物は室内干しになります。 駐車場は近くに「タイムズ(有料)」あり。「新大阪駅」から電車で約50分ぐらいのところ、駅に近く二つの路線が使えます。住宅地の中です。大阪市内観光(通天閣・USJ・海遊館・阿倍野ハルカス・大阪城など)にはとても便利な場所です。
対象者は、福島県・東北・関東の放射線量が心配される地域にお住みのかた。希望者は、下記までメールで連絡を。 夏休み中の利用は、6月8日までに申し込まれた方と当保養の家の初めての利用者を優先して日程を調整し、6月中旬から、決めさせてもらいます。(それ以降も受け付けします。また夏休み以外の日でしたら、すぐお受けできます。)
この大阪市内の保養の家から、北方向・約100キロmにある福井県の原発の再稼働を、国と電力会社は強行しています。私達は反対していますが、残念ながら大阪も安心できる場所ではなくなっていることをお伝えしておかねばなりません。
    「子どもたちに未来をわたしたい大阪の会」会名で検索を・ブログあります。(連絡先・電話 090-2354-8829 dpjvr410@kawachi.zaq.ne.jp 橋本)

備考:

メッセージ: 遠慮なく早めに、問い合わせ、申しこみをしてください。
特に夏休み中の利用は。6月8日までの申し込み者で、
まず決めていきます。
本当に日々、ご苦労様です。
少しのあいだだけでも、ほっとしてもらえたら、と思います。

拍手[2回]


【特集】保養企画・キャンプ・合宿
2018/05/10
「【夏/保養】夏休み 疎開・保養プロジェクト(大阪)」

Message body

あなたのホームページ「 https://hahako-net.jimdo.com/hahakoって/受け入れ-保養情報を提供する/ 」に新しいメッセージが届きました。:

-------------------------------------

タイトル: 夏休み 疎開・保養プロジェクト(大阪)

名前: 心援隊

メールアドレス: kokoro2011@shinentai.net

電話番号: 06-6476-9050

電話番号公開: 公開してもよい

住所(県/公開): 大阪府

住所(市町村まで/公開): 大阪市

受け入れ形態: 保養プログラム

内容詳細: 心援隊☆夏休み 疎開・保養プロジェクト(大阪)

2011年3月の東日本大震災及び、福島の第一原子力発電所の事故から7年が過ぎた現在も、
東北や関東では未だ多くの方が不安な生活を余儀なくされており、
わが子の健康や未来を不安に思う親御さんも少なくありません。

そんな不安から開放され、親子で心身の健康を取り戻し、
また、安全な地への避難・移住への足がかりになればと思い、
この夏休みに、20回目となる『疎開・保養プロジェクト』を開催いたします!

プロジェクト中は、自然の中で思い切り遊ぶことができたり、
子どもたちの喜ぶイベント、支援者・移住ファミリーとの交流会など、
色々なプログラムをご用意してお待ちしております。

「とにかく子ども守りたいねん!」その思いだけで活動を続けています。
短い期間ではありますが、きっと安心して楽しく保養して頂けると思います。
どうぞご参加ください。


1) 実施期間
2018年7月24日(火)~30日(月) 6泊7日


2) 滞在場所
大阪府内の宿泊施設(ホテル等、参加決定後本人にお知らせします)


3) 募集定員  3家族程度
(家族構成等熟慮の上、相部屋になる可能性があります)


4) 募集対象者
東北及び関東の放射能への不安を抱える子どもさんのいるご家族
全日程参加可能で、全てのプログラムに原則参加可能な方


5) 参加費について  
1.ご自宅から大阪への交通費は自己負担でお願いします。

2.プロジェクト期間中の宿泊費・食費等は基本無料です。
※滞在中、個人的な買い物等については自己負担ください。

3.期間中、楽しんでいただける様に企画したイベントに多少の参加費をいただく場合があるかもしれません。ご了承ください。


6) プログラム(予定)
・健康診断(細胞ナノスキャンMTR)
・歓迎イベント
・外遊び
・たこ焼きパーティー
・支援者や移住ファミリーとの交流会
・バス遠足
・親子ワークショップ
・避難相談、移住相談(随時)他
(都合によって開催できなくなるものもあることをご了承ください)


7) 申込方法
※全て必須項目です。不足していると選考できない場合もあります。
※選考のため、担当者から全員に電話をさせていただきます。
1.参加者氏名(フリガナ)、年齢(就学児は学年も)、性別(参加者全員)
2.住所、メールアドレス(PCからのメールを受取可能なもの)、電話番号(必ず連絡可能な電話番号をご記入ください)
3.参加しようと思う理由(お子様の健康状態、自宅付近の環境など)
4.相部屋が可能かどうか
5.その他特記事項(アレルギー・病歴・障がい等・その他)
以上をメールにてご連絡ください。
(件名に「夏休み疎開・保養プロジェクト申込み」とお書きください)


8) 応募締切   6月20日(水)
※先着順ではありません。
応募者が定員を超えた場合は、参加される理由・家族構成などを考慮の上選考し、決定させていただきます。


☆個人情報について
・プロジェクト中に写真や動画の撮影をします。
撮影したものは、今後の活動報告や資料として、報告書・HP・ブログ等に掲載させていただきますのでご了解をお願い致します。
※個人情報につきましては、写真も含めて、第三者等への流出は致しません


◆お問合せ
復興支援NGO「心援隊」
「心援隊☆夏休み疎開・保養プロジェクト」担当 夏村ゆみ
電話:06-6476-9050
メール:kokoro2011@shinentai.net
HP:http://www.shinentai.net/ 
ブログ:http://ameblo.jp/shinentai/ 


主催:心援隊(しんえんたい)
協力・協賛:モモの家・社会福祉法人とよかわ福祉会・ありがとうカウンター 内田達雄・パインズハート・クレヨンハウス大阪店・穀菜食堂なばな・Heart of Tao Resonance Art・Panier~パニエ~・美容室Luft・ティグレ連合会・北摂なび 井上・大伸ビルマネージメント(株)・森源太・みずほトラベルサービス株式会社・みのおアジェンダ21の会・みのおエコクラブ・日本志喜彩塾・チームまっぺあ

☆チラシはこちらから
http://www.shinentai.net/wp-content/uploads/2018/05/sokai.18natsu.pdf 

備考:

メッセージ:

拍手[0回]


【特集】保養企画・キャンプ・合宿
2018/02/28
「追加募集『心援隊☆春休み 疎開・保養プロジェクト(大阪)』」

タイトル: 追加募集『心援隊☆春休み 疎開・保養プロジェクト(大阪)』


メールアドレス: kokoro2011@shinentai.net

電話番号: 06-6476-9050

電話番号公開: 公開してもよい

住所(県/公開): 大阪府

住所(市町村まで/公開): 大阪市淀川区西中島4-4-25

----------------------------------------------

受け入れ形態: 保養プログラム

内容詳細: 『春休み 疎開・保養プロジェクト』の募集を一旦締め切りましたが、
キャンセルにより空きが出たため、再募集を行います。

〆切は3月4日(日)、二次募集も先着順ではありません。
定員は2家族(家族構成などにより変更になる可能性もあります)

迷っておられる方は、遠慮なくご相談ください。
また、必要な方に届くように、情報の拡散にご協力をお願いいたします。

-----

心援隊☆春休み 疎開・保養プロジェクト(大阪)


1) 実施期間
2018年3月27日(火)~4月2日(月) 6泊7日


2) 滞在場所
大阪府内の宿泊施設(ホテル等、参加決定後本人にお知らせします)


3) 募集定員  2家族程度
(家族構成等熟慮の上、相部屋になる可能性があります)


4) 募集対象者
東北及び関東の放射能への不安を抱える子どもさんのいるご家族
全日程参加可能で、全てのプログラムに原則参加可能な方


5) 参加費について  
1.ご自宅から大阪への交通費は自己負担でお願いします。

2.プロジェクト期間中の宿泊費・食費等は基本無料です。
※滞在中、個人的な買い物等については自己負担ください。

3.期間中、楽しんでいただける様に企画したイベントに多少の参加費をいただく場合があるかもしれません。ご了承ください。


6) プログラム(予定)
・健康診断(細胞ナノスキャンMTR)
・歓迎イベント
・外遊び
・たこ焼きパーティー
・支援者や移住ファミリーとの交流会
・バス遠足
・親子ワークショップ
・避難相談、移住相談(随時)他
(都合によって開催できなくなるものもあることをご了承ください)


7) 申込方法
※全て必須項目です。不足していると選考できない場合もあります。
※選考のため、担当者から全員に電話をさせていただきます。
1.参加者氏名(フリガナ)、年齢(就学児は学年も)、性別(参加者全員)
2.住所、メールアドレス(PCからのメールを受取可能なもの)、電話番号(必ず連絡可能な電話番号をご記入ください)
3.参加しようと思う理由(お子様の健康状態、自宅付近の環境など)
4.相部屋が可能かどうか
5.その他特記事項(アレルギー・病歴・障がい等・その他)
以上をメールにてご連絡ください。
(件名に「春休み疎開・保養プロジェクト申込み」とお書きください)
※フェイスブックページ『心援隊』へのメッセージでも受け付けています
※電話に出られないこともあります。その場合留守番電話にメッセージを入れてください。後程折り返します


8) 応募締切   3月4日(日)
※先着順ではありません。
応募者が定員を超えた場合は、参加される理由・家族構成などを考慮の上選考し、決定させていただきます。


☆個人情報について
・プロジェクト中に写真や動画の撮影をします。
撮影したものは、今後の活動報告や資料として、報告書・HP・ブログ等に掲載させていただきますのでご了解をお願い致します。
※個人情報につきましては、写真も含めて、第三者等への流出は致しません


◆お問合せ
復興支援NGO「心援隊」
「心援隊☆春休み疎開・保養プロジェクト」担当 夏村ゆみ
電話:06-6476-9050
メール:kokoro2011@shinentai.net
HP:http://www.shinentai.net/
ブログ:http://ameblo.jp/shinentai/


主催:心援隊(しんえんたい)
協力・協賛:モモの家・社会福祉法人とよかわ福祉会・ありがとうカウンター 内田達雄・パインズハート・クレヨンハウス大阪店・穀菜食堂なばな・Heart of Tao Resonance Art・Panier~パニエ~・美容室Luft・ティグレ連合会・大伸ビルマネージメント(株)・森源太・みずほトラベルサービス株式会社・みのおアジェンダ21の会・みのおエコクラブ・日本志喜彩塾・チームまっぺあ
助成:LUSH FunD

☆チラシはこちらから
http://www.shinentai.net/wp-content/uploads/2018/02/sokai.18haru2.pdf

-----

今回のプロジェクトを開催するため、そして広く必要とされる支援を続けていくため、
ご支援・ご協力をお願いいたします!!!

 ◆寄付の受付口座  「NGO心援隊」(エヌジーオーシンエンタイ)
 ◎ゆうちょ銀行 普通14150-6851901
 ※他金融機関からの振込店番418 四一八支店 普通口座 0685190

拍手[0回]


【特集】保養企画・キャンプ・合宿
2018/02/16
「【保養/大阪】心援隊☆春休み 疎開・保養プロジェクト(大阪)」

タイトル: 心援隊☆春休み 疎開・保養プロジェクト(大阪)

名前: 心援隊

メールアドレス: info@shinentai.net

電話番号: 0664769050

電話番号公開: 公開してもよい

住所(県/公開): 大阪府

住所(市町村まで/公開): 大阪市淀川区

----------------------------------------------------------

受け入れ形態: 保養プログラム

内容詳細: 心援隊☆春休み 疎開・保養プロジェクト(大阪)

2011年3月の東日本大震災及び、福島の第一原子力発電所の事故から7年が過ぎようとしている現在も、
東北や関東では未だ多くの方が不安な生活を余儀なくされており、
わが子の健康や未来を不安に思う親御さんも少なくありません。

そんな不安から開放され、親子で心身の健康を取り戻し、
また、安全な地への避難・移住への足がかりになればと思い、
この春休みに、19回目となる『疎開・保養プロジェクト』を開催いたします!

プロジェクト中は、自然の中で思い切り遊ぶことができたり、
子どもたちの喜ぶイベント、支援者・移住ファミリーとの交流会など、
色々なプログラムをご用意してお待ちしております。

「とにかく子ども守りたいねん!」その思いだけで活動を続けています。
短い期間ではありますが、きっと安心して楽しく保養して頂けると思います。
どうぞご参加ください。


1) 実施期間
2018年3月27日(火)~4月2日(月) 6泊7日

2) 滞在場所
大阪府内の宿泊施設(ホテル等、参加決定後本人にお知らせします)

3) 募集定員  3家族程度
(家族構成等熟慮の上、相部屋になる可能性があります)

4) 募集対象者
東北及び関東の放射能への不安を抱える子どもさんのいるご家族
全日程参加可能で、全てのプログラムに原則参加可能な方

5) 参加費について  
1.ご自宅から大阪への交通費は自己負担でお願いします。

2.プロジェクト期間中の宿泊費・食費等は基本無料です。
※滞在中、個人的な買い物等については自己負担ください。

3.期間中、楽しんでいただける様に企画したイベントに多少の参加費をいただく場合があるかもしれません。ご了承ください。

6) プログラム(予定)
・健康診断(細胞ナノスキャンMTR)
・歓迎イベント
・外遊び
・たこ焼きパーティー
・支援者や移住ファミリーとの交流会
・バス遠足
・親子ワークショップ
・避難相談、移住相談(随時)他
(都合によって開催できなくなるものもあることをご了承ください)

7) 申込方法
※全て必須項目です。不足していると選考できない場合もあります。
※選考のため、担当者から全員に電話をさせていただきます。
1.参加者氏名(フリガナ)、年齢(就学児は学年も)、性別(参加者全員)
2.住所、メールアドレス(PCからのメールを受取可能なもの)、電話番号(必ず連絡可能な電話番号をご記入ください)
3.参加しようと思う理由(お子様の健康状態、自宅付近の環境など)
4.相部屋が可能かどうか
5.その他特記事項(アレルギー・病歴・障がい等・その他)
以上をメールにてご連絡ください。
(件名に「春休み疎開・保養プロジェクト申込み」とお書きください)

8) 応募締切   2月20日(火)
※先着順ではありません。
応募者が定員を超えた場合は、参加される理由・家族構成などを考慮の上選考し、決定させていただきます。


☆個人情報について
・プロジェクト中に写真や動画の撮影をします。
撮影したものは、今後の活動報告や資料として、報告書・HP・ブログ等に掲載させていただきますのでご了解をお願い致します。
※個人情報につきましては、写真も含めて、第三者等への流出は致しません


◆お問合せ
復興支援NGO「心援隊」
「心援隊☆春休み疎開・保養プロジェクト」担当 夏村ゆみ
電話:06-6476-9050
メール:info@shinentai.net
HP:http://www.shinentai.net/
ブログ:http://ameblo.jp/shinentai/


主催:心援隊(しんえんたい)
協力・協賛:モモの家・社会福祉法人とよかわ福祉会・ありがとうカウンター 内田達雄・パインズハート・クレヨンハウス大阪店・穀菜食堂なばな・Heart of Tao Resonance Art・Panier~パニエ~・美容室Luft・ティグレ連合会・大伸ビルマネージメント(株)・森源太・みずほトラベルサービス株式会社・みのおアジェンダ21の会・みのおエコクラブ・日本志喜彩塾・チームまっぺあ
助成:LUSH FunD

☆チラシはこちらから
http://www.shinentai.net/wp-content/uploads/2018/01/sokai.18haru.pdf

拍手[0回]


【特集】保養企画・キャンプ・合宿
2016/05/31
「【北海道/夏休み】フクとま保養「この夏...苫小牧へ!2016」」

名前: フクとま(フクシマとつながる苫小牧)

メールアドレス: pucca-fukutoma@asahinet.jp

電話番号: 08032917167
電話番号公開: 公開してもよい

住所(県/公開): 北海道
住所(市町村まで/公開): 苫小牧市

受け入れ形態: 保養プログラム

内容詳細: 保育園•幼稚園相当年齢の子どもを中心とした保養です。 
 近所の公園での普通の遊びを中心に、森林公園でのレク、
藍の葉での染色体験、美容師さんのヘアアレンジ、ママの
リラックスタイムなどのイベントを盛り込んだ保養です。

1 対象者  
(1)年齢  
  2010(H22).4.2~2013(H25).4.1に生まれた幼児
 及びその親と兄弟。
(2)居住地域 
  福島県及びその近郊で、現在の空間放射線が
 0.07μSv/h(苫小牧の最大値)を上回っている地域に、
 現在住んでいる方。
(3)募集数  
  4組程度(親を含め10〜12名)

2 実施期間  
  2016年 7月31日(日)仙台港発
       8月 1日(月)苫小牧港着
              〜8月 7日(日)苫小牧港発
       8月 8日(月)仙台港着

3 参加費及び交通費について
    中学生以上  17,000円
    小学生           8,000円
    未就学児以下  無料

4 申し込み、実施内容、費用負担その他詳細について  
  下記へお問い合わせください。
  フクとま(フクシマとつながる苫小牧) 担当 石田
   携帯電話 08032917167
   Eメール(PC) pucca-fukutoma@asahinet.jp
   ※携帯等で、PCからのメールの受信拒否設定をしている
            方は解除してください。
 ★参加申し込み期間
   2016年6月4日(土)9時〜6月24日(金)20時まで。
   ※受付時間 平日は12時から12時45分、18時〜20時。
           土日は9時〜20時
    申込先 携帯08032917167(6/4から通じます)
       (電話以外では申し込みをお受けできません)
    担当 石田

備考:

メッセージ:

拍手[1回]


【特集】保養企画・キャンプ・合宿
2016/05/31
「【三重/夏休み】緑あふれる三重県伊賀市での保養プログラムです」

名前: 福島保養キャンプinみえ

メールアドレス: miemisugifukushima@yahoo.co.jp

電話番号: 090‐1284‐4186(担当・園田)
電話番号公開: 公開してもよい

住所(県/公開): 三重県
住所(市町村まで/公開): 伊賀市

受け入れ形態: 保養プログラム

内容詳細: 開催期間 8月4日~13日
開催場所 三重県伊賀市 愛農高校・同窓会館
参加費  大人1人10日間・1万円、こども1人10日間・5千円
    (2歳までは無料)

詳細や申し込み方法はホームページをご覧ください。
(福島保養キャンプで検索、もしくはhttp://miemisugifukushima.jimdo.com/ )

★(今回の保養キャンプのお食事について)★
参加者の体調に合わせた穀物菜食の体にやさしいお食事です。
注:肉、魚、卵、乳製品などの動物性食品は使用しません。
基本的に、こどもは3食、大人は2食とします。
(必要な方は朝食は簡単なものがあります)
今回は10日間の献立menu、オオニシ先生の個人相談、
食から心と体を元気にしてくれるお手当なの学び、お料理教室、
石窯を使ったピザや、おやつ作りなども予定しております。

※10日間必ず、参加できる方のみの受付いたします。
(途中からの参加や、途中でお帰りになりたいという方はお受けすることができませんのでご了承ください。)

福島保養キャンプinみえ 実行委員 園田淳

備考:

メッセージ:

拍手[0回]


【特集】保養企画・キャンプ・合宿
2016/05/31
「【岡山/夏休み】 ふくしまっ子津山でのびのび元気回復2016夏休み親子保養プロジェクト」

名前: ふくしまっ子津山でのびのび元気回復2016夏休み親子保養プロジェクト

メールアドレス: mamapapa-mimasaka@hotmail.co.jp

電話番号: 090-1013-4755
電話番号公開: 公開してもよい

住所(県/公開): 岡山県
住所(市町村まで/公開): 津山市

受け入れ形態: 保養プログラム

内容詳細: ○期間:7/29(土)~8/7(日)  ○場所:倭文の郷「久米ロッジ」和室15畳3室/洋室(2~4人)17室に家族単位で ○宿泊費:福島の方は無料/それ以外の方は1泊大人1000円 子ども500円 幼児無料 ○旅費補助:福島の方に限り大人1万円子ども5000円 ○高校生以上のスタッフ1名募集(保養者と同様の補助) ○1次募集:6/1~福島の方 ○2次募集:7/1~福島以外の方 ○〆切:7/20先着順で

備考: ○おでかけイベント【川遊び&魚採り・野菜収穫体験・電気自動車で買物・市民プール・公園まきばの館】 ○ロッジでのイベント【歓迎会・そうめん流し・子どもプール・将棋教室・テント体験・移動図書館・人形劇・ピザ作り・花火・すいか割り・肝試し・虫捕り山探検・地元の方々との交流座談会・反省夜会・お別れ会・etc】 ○朝6:30ラジオ体操・午前中1時間の寺子屋(小中教師&大学生による学習支援)は毎日します!

メッセージ: 今回の保養で夏春合わせて8回目になります。7/20~7/29「せとうち交流プロジェクト」から継続も可能です。またシェアハウス(1泊1室1500円)利用で前後の期間延長にも応じます。

拍手[2回]


【特集】保養企画・キャンプ・合宿
2016/05/27
「【山形/保養】 山形県鶴岡市に保養にきませんか?」



名前: フクシマの子どもの未来を守る家

メールアドレス: yuko_kaiosei1956@yahoo.co.jp

電話番号: 080-6023-7490

電話番号公開: 公開してもよい

住所(県/公開): 山形県

住所(市町村まで/公開): 鶴岡市

受け入れ形態: 保養プログラム

内容詳細: ≪夏、低線量の山形県鶴岡市に親子で保養にきませんか?≫

 福島第一原発事故の影響により、高線量になった地域に暮らしている、子どもを持つ家族の皆さま
日々、放射能に対する様々な意見の違いの中、子ども達の健康を心配する生活を送られている保護者の皆さま、本当にお疲れ様です。
 「フクシマの子どもの未来を守る家」は、2011年7月から、山形県鶴岡市内に善意で貸し出して下さった「民家」を利用し、保養の為に滞在されるフクシマの家族を受け入れ、その保養生活をサポートさせていただいています。
 1軒の「家」には、台所、お風呂、トイレが一つずつしかありませんが、1軒の「家」を2家族でシェアして生活していただいています。
 現在、4軒(鶴岡市内に3軒、酒田市内に1軒)の家を確保していますが、どの「家」になるかは、事務局にお任せください。
「家」には、食べ物以外殆どの生活用品、備品が備えてありますので、到着されてすぐに自炊生活ができます。米、調味料も準備しています。
 「守る家」サポーターが、御家族が到着されましたら受け入れ、家の使い方、地域の避難場所、買いもの場所、子ども達の遊び場所、医療機関、ゴミの出し方等、”鶴岡情報”をお知らせし、必要に応じて同行します。
 また季節に応じた野外活動を多数企画し、子どもたちに野外で思いきり遊んでもらおうと準備しています。
 鶴岡市は、放射線量は、0.04~0,07μsv/hと低く、海あり、山あり、美味しい食材ありの保養には最適の場所です。福島県、宮城県から近いです。北関東からも…ぜひ親子で来て下さい。
 特に乳幼児をお持ちの家族、集団行動が苦手なお子さん、また18歳~20歳くらいまでの若い方、妊婦さん、自宅で過ごすのと同じように、民家で家族単位でマイペースで過ごせます。
ぜひ「守る家」ご利用をご検討ください。
 今夏、7月16日(土)~8月末日まで、まだ「空き」あります。※「守る家」は学校休業期間のみでなく通年運営していますので、いつでもお気軽に空き状況をお問い合わせください。

利用料:大人1人1泊1500円
    小・中・高生1人1泊700円
    未就学児;無料

※ご連絡をお待ちしています。

備考:

メッセージ:

拍手[0回]


【特集】保養企画・キャンプ・合宿
2016/05/09
「【保養/東日本大震災】心援隊☆夏休み 疎開・保養プロジェクト(大阪)」


名前: 心援隊
メールアドレス: info@shinentai.net
電話番号: 06-6476-9050
電話番号公開: 公開してもよい
住所(県/公開): 大阪府
住所(市町村まで/公開): 大阪市淀川区西中島4-4-25

受け入れ形態: 保養プログラム

内容詳細:

心援隊☆夏休み 疎開・保養プロジェクト(大阪)


2011年3月の東日本大震災及び、福島の第一原子力発電所の事故から5年が過ぎた現在も、
東北や関東では未だ多くの方が不安な生活を余儀なくされており、
わが子の健康や未来を不安に思う親御さんも少なくありません。

そんな不安から開放され、親子で心身の健康を取り戻し、
また、安全な地への避難・移住への足がかりになればと思い、
この夏休みに、16回目となる『疎開・保養プロジェクト』を開催いたします!

プロジェクト中は、自然の中で思い切り遊ぶことができたり、
子どもたちの喜ぶイベント、支援者・移住ファミリーとの交流会など、
色々なプログラムをご用意してお待ちしております。

「とにかく子ども守りたいねん!」その思いだけで活動を続けています。
短い期間ではありますが、きっと安心して楽しく保養して頂けると思います。
どうぞご参加ください。


1) 実施期間
2016年7月26日(火)~8月1日(月) 6泊7日

2) 滞在場所
ホテル阪急エキスポパーク(大阪府吹田市) 他

3) 募集定員  3家族程度
※相部屋をお願いすることがあります。ご協力をお願いします。

4) 募集対象者
東北及び関東の放射能への不安を抱える子どもさんのいるご家族
全日程参加可能で、全てのプログラムに原則参加可能な方

5) 参加費について  
1.ご自宅から大阪への交通費は自己負担でお願いします。

2.プロジェクト期間中の宿泊費・食費等は基本無料です。
※滞在中、独自で行動された場合の交通費などについては自己負担ください。

3.期間中、楽しんでいただける様に企画したイベントに多少の参加費をいただく場合があるかもしれません。ご了承ください。

6) プログラム(予定)
・歓迎イベント・外遊び・遠足
・たこ焼きパーティー・畑での収穫体験
・支援者や移住ファミリーとの交流会
・避難相談、移住相談(随時)他
(都合によって開催できなくなるものもあることをご了承ください)

7) 申込方法
※全て必須項目です。不足していると選考できない場合もあります。
※選考のため、担当者から全員に電話をさせていただきます。必ず連絡可能な電話番号をご記入ください。
1.参加者氏名(フリガナ)、年齢(就学児は学年も)、性別(参加者全員)
2.住所、TEL、メールアドレス(PCからのメールを受取可能なもの)
3.参加しようと思う理由(お子様の健康状態、自宅付近の環境など)
4.相部屋が可能かどうか
5.その他特記事項(アレルギー・病歴・障がい等・その他)
以上をメールかFAXにてご連絡ください。
(メールの場合件名に「夏休み疎開・保養プロジェクト申込み」とお書きください)

8) 応募締切   6月20日(月)
※先着順ではありません。
応募者が定員を超えた場合は、参加される理由・家族構成などを考慮の上選考させていただき、決定させていただきます。

☆個人情報について
・プロジェクト中に写真や動画の撮影をします。
撮影したものは、今後の活動報告や資料として、報告書・HP・ブログ等に掲載させていただきますのでご了解をお願い致します。
※個人情報につきましては、写真も含めて、第三者等への流出は致しません


◆お問合せ
復興支援NGO「心援隊」
「心援隊☆夏休み疎開・保養プロジェクト」担当 夏村ゆみ
電話:06-6476-9050 FAX:06-6476-9051
メール:info@shinentai.net
HP:http://www.shinentai.net/
ブログ:http://ameblo.jp/shinentai/

主催:NGO心援隊
協賛:大阪御堂筋本町ロータリークラブ・大伸ビルマネージメント株式会社・株式会社大丸松坂屋百貨店・ダルマビーム合同会社・Panier~パニエ~・美容室Luft・ヒロコーヒー伊丹いながわ店・みずほトラベルサービス株式会社・森源太
協力:みのおアジェンダ21の会・みのおエコクラブ・日本志喜彩塾・チームまっぺあ

☆チラシはこちらから
http://www.shinentai.net/wp-content/uploads/2016/04/sokai.16natsu.pdf

拍手[0回]


【特集】保養企画・キャンプ・合宿
2016/05/09
「【保養/東日本大震災】「親子、グループで、大阪にスティできます!」」

メッセージ: 大阪で、ほっと一息のんびりと、してください。

名前: 「子ども達に未来をわたしたい・大阪の会」橋本
メールアドレス: dpjvr410@kawachi.zaq.ne.jp
電話番号: 090-2354-8829
電話番号公開: 公開してもよい

住所(県/公開): 大阪府
住所(市町村まで/公開): 大阪市

受け入れ形態: 保養プログラム

内容詳細:

すぐ宿泊できるお家をお貸しします。    

2016年6月1日―2016年8月31日の間―1泊~10泊まで(ただし7月20日~8月31日の間は、7泊以内で)

大阪市内にある民家で、一階のみ改装してあり、使用できます(3畳と8畳ぐらいの部屋が続いてあります。)大人と子ども4(5)人まで泊まれます。

親子でも、若者やママさんのグループでもOK。 
基本的にお家をお貸しするだけです。
宿泊は利用者だけです。
宿泊料が無料です。 
自炊をお願いします(外食もできます、近くにスーパーあり)。 

冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコン2台等、電化製品完備。
ふとん寝具、タオルバスタオル類完備。 鍋釜調理器具、基本調味料完備。駐車場は近くに「タイムズ(有料)」あり。 ご希望あれば、食材購入手伝い、行きたいと希望される場所の情報提供等します。 新大阪駅から電車で約40分ぐらいのところ、交通の便はたいへんよいです(駅近く、二つの路線が使えます)。大阪市内観光は、行きやすい所です。


備考:
利用希望者は、下記まで連絡を。 
5月半ばまでの申し込み者で、早いかた、初めての利用者を優先して、まず日程を調整します。それ以降も申し込みを受け付けます。

 この大阪市内にある保養の家から、北方向・約100キロメートルにある福井県の高浜原発2基が、再稼働強行されましたが、大津地裁の画期的判決により、今は停止しています。しかし、国と電力会社“原発再稼働姿勢”は、そのままであり、今後の再稼働の危険性はおさえられていません。一応このことは、お伝えしておきます。

拍手[0回]


【特集】保養企画・キャンプ・合宿
2016/02/25
「【春休み/香川】2016春休みホームステイ」

1)実施期間 : 3月23日(水)~3月30日(水)(7泊8日、車中泊2泊、香川滞在5泊)
2)交通手段 : 3月23日夜、夜行高速バスで福島県を発ち、24日朝大阪着。大阪から高速バスで昼ごろ高松着。帰りは3月29日午後高松を発ち高速バスで大阪へ。大阪から福島への夜行高速バスで3月30日朝、福島県帰着(往復ともボランティアが引率)。
3)滞在場所 :「おいでファミリー(ホストファミリー)」宅
4)活動内容 : 家族の一員としてお手伝いなどもしながら滞在。
自然体験活動やうどん打ち体験の他、参加者みんなで企画を立てて活動したりします。
5)対象   : 福島県やその近県(例えば空間線量が年間おおむね1ミリシーベルト以上の地域など)で放射能への不安を抱えながら暮らしている子どもさん。
(原則、小学校3年生以上としますが、個別のご相談に応じます。)
6)募集人員 :10名程度
7)参加費  :食費や旅費を含め5,000円(事情のある方は減免できることがありますのでご相談下さい)
8)申込み方法:参加者の氏名(ふりがな)、年齢、学年、生年月日、性別、住所、電話番号、メールアドレス、参加を希望する理由(お子さんの状況や自宅付近の環境などをできるだけ詳しく)、アレルギーの有無などの留意事項を明記の上、メール、ファックス、または郵送でお申し込み下さい。
9)締め切り :3月4日(金)
10)参加者決定:応募者多数の場合は、お子さんの状況等を考慮の上、選考させていただき、参加の可否を3月8日頃までにご連絡いたします。

----- メールアドレス -----
ZVF05007@nifty.com
----- 都道府県 -----
香川県

拍手[2回]


【特集】保養企画・キャンプ・合宿
2016/01/06
「【春休み/静岡】第5回くろっちょキャンプ参加者募集のご案内」

春休みに東山荘では東日本大震災による原発事故の影響を受けている方のリフレッシュを目的としたキャンプを開催します。雪をかぶった富士山の麓で、思いっきり遊び、楽しい春休みを過ごしませんか!


【YMCA東山荘主催 第5回くろっちょキャンプ】

☆「くろっちょ」とは、御殿場市の市鳥「くろつぐみ」の市民の愛称です。

くろつぐみは「今日も来て、来て」と聞こえるような鳴き声をします。
YMCA東山荘に多くのみなさまにまた来てほしいという気持ちと、
くろつぐみのお腹の白い部分にある黒い模様がハート型なことから、
全国のYMCAで取り組んでいる東日本大震災支援活動である
「Big Heart Project」にちなみ、このキャンプ名をつけました。

「くろっちょ」をどうぞよろしくお願いします!

<日程>
2016年3月26(土)~4/1(金) 6泊7日     

<場所>
公益財団法人 日本YMCA同盟国際青少年センター東山荘
(静岡県御殿場市東山1052)

<宿舎>
3、4号館(ツインルーム、トイレ洗面付き、TVなし、浴室なし(大浴室利用))
5号館(2段ベット、トイレ洗面付き、TVなし、浴室なし(大浴室利用))
*ご提供できるお部屋によって設備などに違いがございますが、ご承知ください。
*現地集合・解散のため、お子様のみの参加はご遠慮ください。

<定員>
約25組(約50名~60名) 

<対象>
東日本大震災による原発事故の影響を受けている (ホットスポット地域も含む)中学生以下のお子様をもつご家族。

<参加費>
大人10,000円/小学生6,000円/幼児4,000円

<プログラム内容>
ふじさん遊び、キャンプファイヤー、クラフト、乗馬 他

<集合・解散>
YMCA東山荘に現地集合、解散。

<交通費>
お一人様往復最大10,000円の補助有り。

<応募方法>
東山荘HPより「参加申込書」をダウンロードしていただき、下記宛にFAX、メールにてお申し込みください。

<募集期間>
2016年1月5日(火)~2016年2月21日(日)
*応募多数の場合は抽選となる場合がございます。
*参加確定者には2月25日(木)までに郵送にてご連絡させていただきます。落選通知はいたしませんのでご了承ください。
 
キャンプディレクター:佐久間 眞人
キャンプ事務担当:遠藤 舞

<主催・お申し込み・お問い合わせ>
公益財団法人日本YMCA同盟 東山荘 
412-0024 静岡県御殿場市東山1052
TEL: 0550-83-1133 FAX: 0550-83-1138
E-mail: tozanso@ymcajapan.org
URL: http://www.ymcajapan.org/tozanso/

*このキャンプは米国サンフランシスコのJCCCNC(The Japanese Cultural and Community Center of Northern California/北カリフォルニア日本文化コミュニティーセンター)によるご支援をいただいております。JCCCNCは日系アメリカ人の歴史、伝統、文化を維持し、深めることを目的としたNPO組織です。サンフランシスコのジャパンタウンに設置され、文化的、教育的、社会的なプログラムを提供しています。

----- メールアドレス -----
endou.mai@japanymca.org
----- 都道府県 -----
静岡県

拍手[1回]


【特集】保養企画・キャンプ・合宿
2015/10/16
「【冬/大阪】『冬休み 疎開・保養プロジェクト(大阪)』参加者募集」

心援隊☆冬休み 疎開・保養プロジェクト(大阪)

2011年3月の東日本大震災及び、福島の第一原子力発電所の事故から4年が過ぎた現在も、
東北や関東では未だ多くの方が不安な生活を余儀なくされており、
わが子の健康や未来を不安に思う親御さんも少なくありません。

そんな不安から開放され、親子で心身の健康を取り戻し、
また、安全な地への避難・移住への足がかりになればと思い、
この冬休みも『疎開・保養プロジェクト』を開催いたします!

プロジェクト中は、自然の中で思い切り遊ぶことができたり、
子どもたちの喜ぶイベント、支援者・移住ファミリーとの交流会など、
色々なプログラムをご用意してお待ちしております。

「とにかく子ども守りたいねん!」その思いだけで活動を続けています。
短い期間ではありますが、きっと安心して楽しく保養して頂けると思います。
どうぞご参加ください。


1) 実施期間
2015年12月24日(木)~30日(水) 6泊7日


2) 滞在場所
クリスタルホテル南千里(大阪府吹田市)


3) 募集定員  3家族程度
※相部屋をお願いすることがあります。ご協力をお願いします。


4) 募集対象者
東北及び関東の放射能への不安を抱える子どもさんのいるご家族
全日程参加可能で、全てのプログラムに原則参加可能な方


5) 参加費について  
1.ご自宅から大阪への交通費は自己負担でお願いします。

2.プロジェクト期間中の宿泊費・食費等は基本無料です。
※滞在中、独自で行動された場合の交通費などについては自己負担ください。

3.期間中、楽しんでいただける様に企画したイベントに多少の参加費をいただく場合があるかもしれません。ご了承ください。


6) プログラム(予定)
・歓迎イベント・外遊び・遠足
・たこ焼きパーティー
・支援者や移住ファミリーとの交流会
・避難相談、移住相談(随時)他
(都合によって開催できなくなるものもあることをご了承ください)


7) 申込方法
※全て必須項目です。不足していると選考できない場合もあります。
※選考のため、担当者から全員に電話をさせていただきます。必ず連絡可能な電話番号をご記入ください。
1.参加者氏名(フリガナ)、年齢(就学児は学年も)、性別(参加者全員)
2.住所、TEL、メールアドレス(PCからのメールを受取可能なもの)
3.参加しようと思う理由(お子様の健康状態、自宅付近の環境など)
4.相部屋が可能かどうか
5.その他特記事項(アレルギー・病歴・障がい等・その他)
以上をメールかFAXにてご連絡ください。
(メールの場合件名に「冬休み疎開・保養プロジェクト申込み」とお書きください)


8) 応募締切   11月15日(日)
※先着順ではありません。
応募者が定員を超えた場合は、参加される理由・家族構成などを考慮の上選考させていただき、決定させていただきます。


☆個人情報について
・プロジェクト中に写真や動画の撮影をします。
撮影したものは、今後の活動報告や資料として、報告書・HP・ブログ等に掲載させていただきますのでご了解をお願いします。
※個人情報につきましては、写真も含めて、第三者等への流出は致しません


◆お問合せ
復興支援NGO「心援隊」
「心援隊☆冬休み疎開・保養プロジェクト」担当 夏村ゆみ
電話:06-6476-9050 FAX:06-6476-9051
メール:info@shinentai.net
HP:http://www.shinentai.net/
ブログ:http://ameblo.jp/shinentai/


主催:NGO心援隊
協賛:大阪御堂筋本町ロータリークラブ・大伸ビルマネージメント株式会社・株式会社大丸松坂屋百貨店・ダルマビーム合同会社・美容室Luft・ヒロコーヒー伊丹いながわ店・みずほトラベルサービス株式会社・森源太
助成:第1回 放射能被ばくから子どもたちを守る支援活動助成
協力:みのおアジェンダ21の会・みのおエコクラブ・日本志喜彩塾・チームまっぺあ

☆チラシはこちらから
http://www.shinentai.net/wp-content/uploads/2015/10/sokai.15fuyu.pdf
----- メールアドレス -----
info@shinentai.net
----- 都道府県 -----
大阪府

拍手[1回]


【特集】保養企画・キャンプ・合宿
2015/08/15
「【滋賀/夏】ひとつぶてんとう園 種まきプロジェクト in 滋賀~みんなでつくる保養~(更新)」

日程>2015年8月1日~9月末日までの間で
( 現在8月11日~9月末日までの間で募集中)
キャンセルが入ったため<8月21日~9月末日までの募集>

場所>滋賀県彦根市新海浜 (個人宅ですが持ち主はこの期間不在です)
   琵琶湖近くの静かな別荘地です。
   小さなフリースクール “ぐるぐるうずまき学校”の拠点にもなっている場所です。
   
   新幹線ですと「米原駅」または「京都駅」にて下車 
   JRに乗り換えていただき「能登川駅」に
   来ていただきましたらお迎えに行きます。
  

対象>東北、関東にお住まいの母と子 1組
        
   放射性物質を体外に排出し免疫力を高めてほしいということを目的とした
   保養をしたいと考えており、ある程度長期間滞在できる方を対象としておりますが
   期間に関しましてはお問い合わせください。
 
費用>現地までの往復の交通費はご負担ください。
   滞在期間中の移動に関しましては協力可能な体制を考えます。
 
   ひとつぶてんとう園の畑の収穫物のほか、お米、野菜などみなさんの好意により
   集まるかもしれません。そのほか必要な食材等は各自ご負担ください。
   
   水道、光熱費等として1家族1日500円。
   宿泊費はかかりません。
   


プログラム>自炊、洗濯など自立型の保養です。
      いつもの生活をご自分のペースでしていただけることを願っています。
      
基本的に自由行動ですが、自主保育 “ひとつぶてんとう園” の活動に
      ぜひご参加ください。 (火)(水)(木)
      共に過ごせる時間を楽しみにしています。
      (ひとつぶてんとう園の活動はお子さんの年齢を問いません。)
     
 集いの場も計画したいと思います。



*放射性物質のある生活から離れ安心した場所で過ごしてほしい、 
 体内から放射性物質を排出し免疫力を高めてもらいたい、
 使用させていただく個人宅をお借りした時の状態のままお返ししたい、
 という思いから、放射性物質を持ち込まないために守ってほしい約束ごとを設けています。
 保養を希望される方に詳細をお伝えしますのでお問い合わせください。
(約束ごとに同意していただける方に来ていただくことになりますのでご了承ください。)
 
 なお参加されることが決まった方とは事前の打ち合わせを
 メール、お電話でさせていただきます。


↓ ↓ ↓

お申込みはこちら、
ご不明な点もどうぞお気軽にお問い合わせください。

090-4070-8547
gajumarunoki.97@docomo.ne.jp
w23.91439@gmai.com
やまざき
----- メールアドレス -----
w23.91439@gmail.com
----- 都道府県 -----
滋賀県
----- 住所 -----
彦根市

----- 備考 -----
ひとつぶてんとう園
https://www.facebook.com/nishimura.shizue
http://hitoten.net/

拍手[2回]


【特集】保養企画・キャンプ・合宿
2015/07/29
「【長野/夏】小諸 夏休み母子保養ホームステイ プログラム (追加募集)」


本プログラムは、放射能汚染心配地域にお住まいのお子様とお母様に、夏休みを豊かな自然と
きれいな水、空気の中でのびのびと過ごして頂くため、小諸ボランティアグループで準備しました。
お子様連れで田舎に帰省する感覚でいらして下さい。

ホームステイ住環境は独立型です。2家族までホームステイ可能ですので、仲良しグループお誘い合わせ
での参加も大歓迎です。

今回は夏休みの募集になりますので、下記 募集期間内で自由にホームステイ期間を設定してお申し込み
下さい。ご希望に沿えるように、最大限の調整させて頂きます。

小さな赤ちゃん、幼児をお持ちのお母様の御参加もお待ちしています。

プログラム概要は以下の通りです。

1. 対象: 放射能汚染心配地域にお住まいのお子様とお母様及びご家族

 安心できる自然環境で夏休みを伸び伸び過ごし、放射能のストレスから心身を休めたい御家庭のお子様とお母様
 及びご家族 (お子様の年齢、人数は問いません。また、県、地域も問いません。連絡ください)

2. 今回の募集: 2~3 家族

3. 場所: 長野県佐久市

4. 募集時期: 前半: 2015 8/ 1 (土) ~ 8/ 11 (火)
       後半: 2015 8/ 17 (月) ~ 8/ 31 (月)
     
5. ホームステイ期間:
  
  上記募集期間内でであれば、スタート日、ホームステイ期間を自由設定できます。

6. ホームステイ先情報: 浅科ハウス     長野県佐久市甲1531-3 

  ロフト付きのログハウスで、独立したホームステイ環境です。周りが広々とした畑なので、
  子ども達が思い切り遊び回るのに最適です。 ご家族揃って別荘気分でホームステイできます。
  
  また、基本的な家具、寝具、バス、トイレ、自炊のための台所付きです。

8. 必要費用 ( 宿泊費無料 )

  食材費(自炊)、光熱費(ガス/水道/電気等 1家族 一泊1,000円 )、一般的生活費、往復交通費
 
9. 交通手段:

町中を離れた田園環境でのホームステイ生活になりますので、基本的には自動車が必要になります。
  そのため通常は お車での往復をお願いしています。

  どうしてもお車での移動が難しい場合は別途ご相談下さい。できる限りのサポートを致します。

10. ホームステイ先 常備品

  布団類(掛け布団、敷布団、毛布)※枕、シーツはご持参ください/ 冷蔵庫/ 炊飯器/電子レンジ/
  トースター/ なべ/ 調理機器・器具/ 食器/ テレビ/ 掃除道具

11 各ご家庭で準備していただくもの

 シーツ、枕、枕カバー、タオル(大、小)、保健証(ご家族分)、母子手帳、常備薬等、その他 日常生活に
  必要なもの。

12. 申込み方法
  
  「 お名前、人数、 お子さまの年齢・性別、ご住所、お電話番号、メールアドレス、ホームステイ希望期間 」
  を、下記 メールアドレス宛にお送り下さい。

  e-mail: giichi@gol.com  ( 小諸母子ホームステイプログラム 事務局 井上 )
----- メールアドレス -----
giichi@gol.com
----- 都道府県 -----
長野県
----- 住所 -----
小諸母子ホームステイプログラム 事務局 小諸市三和1-5-16(小諸教会内)
----- 備考 -----
申し込みに際し不明な点等ございましたら、お気軽に電話でご連絡ください。
  
  お問い合わせ先 090-8329-0071 (小諸母子ホームステイプログラム 事務局 井上 )

拍手[0回]


【特集】保養企画・キャンプ・合宿



   ホーム    次のページ >>
Design by basei,koe twi