忍者ブログ
「hahako~ははこ~」
「hahako~ははこ~」東日本大震災関連情報ブログ・・・ ご利用の際は、必ず【hahako公式サイト】をご覧ください。http://hahako-net.jimdo.com/


2019/06/25
「青空の下つながろう会」

タイトル: 青空の下つながろう会

名前: 小森 忠良

メールアドレス: tadayosh@ccn.aitai.ne.jp

電話番号: 090-7859-8780

電話番号公開: 公開してもよい

住所(県/公開): 岐阜県

住所(市町村まで/公開): 高山市



受け入れ形態: 保養プログラム

内容詳細: 今年も夏の保養プログラムを開催いたします。
震災のあった2011年から始まり、今年で9年目となりました。
未だ放射能が漏れ続けている福島第一原発の近くから、一年のうち1ヵ月は離れて暮らすことが、心身両方の休養、そして内部ヒバクのリスクを下げることに繋がる、というデータのもと、始まりの年は約1ヶ月間、そして、年数が経つに連れ変化していく、関わる人たちの状況、事情に合わせ、毎年毎年、自分たちの想いを確認し合いながら、試行錯誤しながら徐々に形を変え、保養を継続して参りました。
そして9年目を迎えた今年は、新しい形で、保養の開催を決定しました。

私たちが大切にしている、保養への柱となる想いは、一年目から変わりません。
・放射能(外的要因)に負けない、免疫力の高い身体作りのできる食事を基本とし、大自然の中で、心身共にリフレッシュできる場であること
・保養をきっかけに出会う異年齢の子ども、大人みんなで大家族のように、関わり合い、共に成長していくこと
・保養への参加が、それぞれのこれからより良く生きていくためのきっかけ、また生きる力に繋がること

震災から何年経っても、このような「保養」という場を継続させることはとても必要だと感じています。

そして、今年の保養情報です。

・期間 8/1~8/10 10日間
・保養スペースは、基本的に宿泊所として場を提供する(素泊まりとお考えください)
・食材は、こちらで自然発酵、無添加の調味料、できるだけ自然栽培の野菜など、こちらで揃えたもので、参加者の方が自炊する(自然栽培の畑あります。卵はご希望の場合、平飼卵あり、お肉はなしの基本的に菜食の食事になります。)
・そのため、募集は親子(中学生以下)対象
・お風呂は近くの温泉へ(水曜日定休)
・レンタカー貸し出しします。
・参加費 大人 20,000円、子ども 5,000円(交通費 子どもさんの分のみ全額支給致します)
・交通案内 東京都新宿バスタ―ミナル 8月1日早朝出発、岐阜県高山市 午後1時半ごろ着
(帰り 高山⇁新宿)
高山から現地までは、送迎します。
募集定員 5組程度

備考: 継続可能な形として、また、震災から年数が経ち、「保養」という場所の役割も、放射能から離れるということだけではなく、生きる力を養う場、繋がりを作り、これからの人生に活かす場にもなってきているのかなということを感じていることから、このような形を考えました。

必要な方に届きますように。
そして、この山々に囲まれた、自然豊かな清見で、有意義な、宝物のような10日間を過ごしていただけますように。

拍手[1回]

PR


【特集】保養企画・キャンプ・合宿



<< 夏休み☆わくわく保養プロジェクト    ホーム    どろんこキャラバン☆たんばサマーキャンプ2019 >>
Design by basei,koe twi